よくあるお悩みQ&A

2019.01.08更新

患者さんに、「先生はいつもマスクしないで診療されていますが、インフルエンザをうつされませんか?」とよく言われます。

インフルエンザにかからない方法があります。

受験生、ビジネスマン、医療従事者など、どうしてもインフルエンザにかかりたくない方はご相談ください。使用法、投与のタイミングなど当院受診でご相談ください。

昨年も当院で相談にのり、予防した方はインフルエンザに罹患しませんでした。

予防医学および、一歩さきを行く医療ののため保険診療になりませんご了承ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.10.30更新

他院で美容手術施行後、鼻血が出やすい、鼻カスが付きやすい、鼻つまりがひどい、鼻汁が止まらない、慢性の疼痛がのこる、患部の炎症が治らない、韓国で手術したが抜糸は日本でと言われたなど、耳鼻咽喉科的、形成外科的に診療、治療可能です。院長診療日ご相談ください。

他院での抜糸は自費となります(大まかな値段は¥5000から15000円で場所、数で変動します、抜糸後薬剤込み)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.09.28更新

口元を魅力的に若返ることはできるのか?というご要望がありました。

リップアップスレッド(切らない上口唇拳上術)が当院の形成外科外来(岡田Dr)で手術可能です。

鼻の下から唇までの距離を短くし小顔効果が期待され、上口唇の縁が反り返りいわゆる「アヒル口」で魅力的なリップとなります。

局所麻酔で特殊な医療用糸を使い手術します。

詳しくは当クリニックでご相談ください

手術料;¥100000(税別)

セット(手術料+ラシャスリップ+術後むくみ取り点滴+内服);¥112000

木曜15時から完全予約制です。(まずは手術前に診察+カウンセリング)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.09.15更新

長引く咳は睡眠障害、体力の消耗、嗄声などあらゆる副症状の誘発となります。

原因として感冒による、上気道炎、気管支炎などが多いようです。(まれに肺がん、結核もあり)

しかし、他の原因でも咳が長引いていることがあります。感冒罹患後咳嗽の中には気道過敏になりやすい方のなかに、実は咳喘息、アレルギー性咳嗽、喘息などもあります。

また、後鼻漏が原因による咳もあります。アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などが典型的な後鼻漏の原因ですが、実は上咽頭炎(咽頭扁桃炎)による後鼻漏も少なくないのです。上咽頭に炎症があると耳管にも影響がでて難聴、耳閉感が出現することもありますし、上咽頭の所属リンパ節の腫脹で首のコリ、痛みもでます。また頭痛の原因それに伴う吐き気など自律神経症状が出現することもあります。後鼻漏は食道にはいかず気管に流れやすいことが医学的研究で証明されております。これにより気管も刺激され咳込み、さらに気管の炎症を誘発することにもなります。

当クリニックでは咳の原因を見つけだし、治療を行っておりますので一度ご相談ください。

*喘息の悪化時などの点滴加療、吸入加療も対応しておりますので、旅行中などでかかりつけ医に受診できない患者さんも対応できますのでご相談ください。

*点滴、注射加療、吸入加療、上咽頭処置、口蓋扁桃膿栓除去処置、生活指導可能

*入院不可能

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.07.27更新

プラセンタ注射を行っている患者さんで、クリニック夏休み中や旅行中に何とかできないの?とご要望が多く寄せられました。

内服できるヒト由来プラセンタを緊急採用としました。

プラセンタ注射1アンプルで2カプセルで同様の効果が期待されます。

従来の飲むプラセンタは牛や馬由来でしたが、当院採用のPURE PLACENTA D.R.はヒト由来(日本人の由来)であります。一度海外で特殊な製法で薬効を維持したまま粉末化し逆輸入したものです。

*B型肝炎、C型肝炎、エイズなどの感染対策済です。

1カプセル;税込み¥500(1回2カプセルがプラセンタ注射1回と同等の効果です)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.07.03更新

熱い日が続いております。めまい外来をおこなっているとメニエール病などの内耳性のめまいが原因だけでなく、熱中症の患者さんも最近多く見受けられます。

熱中症はめまい、吐き気、頭痛、時に意識消失などあり、進行すると生命に危険を及ぼす疾患です。高齢者、小児に多いですが、寝不足(サッカー観戦など)や、過労、二日酔いがあると体温調節、脱水が起こりやすく誰でもこの高温下では発症しやすくなります。

当院ではめまい症状を総合的に診断、治療できますので(熱中症点滴など)ご相談ください。

熱中症予防指導や脱水予防漢方、脱水予防点滴などもできますのでご相談ください

*意識消失状態は集中治療、入院が必要となりますので当院では対応できませんので救急車をすぐにおよびください。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.06.26更新

暑い日が続いています。学校の授業、スクールなどで水泳が始まりました。

プール開始で、お子さんの耳、鼻、のどのトラブルが増加してきております。

外耳炎、耳垢がふやけて耳垢栓塞、アレルギー性鼻炎の増悪、溶連菌感染症による扁桃炎などです。

基本的に体力増進、呼吸器強化にスイミングは非常に有用ですので続けて頂いて構わないと考えておりますが、アレルギー性鼻炎をお持ちのお子さんは、塩素によるアレルギーの増悪があります(論文でも多数発表されており常識です)ので、しっかりとした治療法、対策法がありますので当院にてご相談ください。鼻と耳は耳管を通じで交通しておりますので中耳のトラブル(急性中耳炎、滲出性中耳炎)にも発展しやすいですので当院でしっかり評価、診断、治療していきましょう。

*他院で治療中の方は他院での処方内容からどのような治療をしていたか知りたいので処方箋内容をご持参ください。

*当院はベビーカーごと診察室に入れます。(車いすも可能)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.06.16更新

以前から、女性の薄毛をどうにかならないかと、いろいろアンテナをはり調べていました。男性は男性ホルモンの影響で頭皮の薄毛が起こり、科学的に解明できておりますので医療薬(当院採用のザガーロなど)があります。

女性の薄毛治療は海外の医療薬のデーターなどみても一進一退であります。そんな時、当クリニックの漢方外来の正木先生が、「鍼治療」で女性の薄毛治療で行けますよとあっさり提案してくださいました。東洋医学会でも最近、積極的に取り上げられているとのことでした。また、円形脱毛症などにも効果ありと発表もあったそうです。

当院でも女性の薄毛に限定し鍼治療を行えます。ただ鍼治療を行うのではなく、全身の状態、体質、食生活など東洋医学的に問診、診察をさせていただきベストな治療法を選択(場合によっては漢方、お灸などの併用)させていただき、薄毛だけでなく体質改善も行っていく方針ですので、一度、ご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.06.12更新

めまい、耳鳴り、上咽頭炎の患者さんに肩こり(ひどい)抱えている方が多く見受けます。

当院では漢方、鍼、トリガーポイント注射などで対応してまいりました。

良くなるですが繰り返す薬を使用したくない薬のアレルギーがある即効性がある治療を希望する患者さんなどの要望にお応えし、最先端の技術、治療法である超音波下筋膜リリースを開始(7月より木曜15時から)します。

超音波エコーでコリを起こしている筋肉を同定し、超音波エコーを見ながら注射針を刺して生理的食塩水で筋膜をリリースします。患者さんもリリースされるところを見て、実感できます(動画保存)。生理的食塩水(体液と同じ濃度)のみを使用してますので体に優しく、薬のアレルギーがある方でも施行できます。(アレルギーある方こそおススメです)ステロイド薬、麻酔薬、消炎鎮痛薬など一切使用しておりません。

筋膜がリリースされ数回行うと間接、筋肉の可動域が増し肩こりしにくい体になります。

技術的に非常に難しい医療行為ですので当院では専門の岡田Drが完全予約制(おひとり30分枠)でじっくり診察、施術にあたります。(岡田先生は漢方、東洋医学にも精通しておりますので患者さんの状態に応じた調合での自費点滴もできますのでご相談ください)

木曜日15時から17時まで(完全予約制)

筋膜リリース施術費用(自費)

初回お試し両肩;¥10,000(税込み)

二回目以降;¥18,000~(税込み)ベーシック治療が¥18,000となります

岡田Dr調合特別点滴;¥8、000(税込み)

*初診料¥2500 再診料¥1500は別途いただきます。完全予約制なので特別診療費用は別途いただきません。

*当日キャセンル料¥8、000(完全予約制であり、たくさんの患者さんが予約待ちしておりますので)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2018.06.09更新

最近、Bスポット治療目的の患者さんや、これまでの症状から上咽頭炎ではないのか?という患者さんが、近隣、遠方問わず多数訪れております。

長引く咳、後鼻漏、咽頭違和感、耳閉感、痰、頭痛、鼻閉、これらに伴ういらいら、不眠、肩こりなどの症状などが起こっている患者さんが多い印象を受けます。

当院での統計を取りますと、当院受診までに平均3.2件の医療機関を受診していました。抗ヒスタミン薬を処方されていた患者さんが84.1%、抗生剤を出されていた方が68.4%、去痰剤(ムコダイン)など処方されていた患者さんが83.2%、喘息の吸入薬が出されていた方が38%、鼻の手術をされていた方が8.3%おりました。

本当に上咽頭炎なのか他のの病気(いろいろあります)なのか、当院ではしっかり精査し原因を突き止めて治療を開始しておりますので、ご相談ください。

当クリニックでのBスポット治療には、院内独自製法での塩化亜鉛を使用して、耳鼻咽喉科専門医が患者さんの状況にあわせて処置をおこないます。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約