よくあるお悩みQ&A

2020.04.06更新

米良教授の麻酔科ペインクリニックは完全予約制ですので従来通り継続して外来行っておりますのでご安心ください。

電話でご予約いただいたお時間にクリニックに来院していただきますが、来院時はクリニックのインターホンでお呼び出しください。

発熱などある場合はお控えいただくことがございますのでご了承お願いします。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.04更新

特別診療枠で一日限定午前5名、午後5名で行います。

感染症対策も最新の注意を払い行います。(手洗い、うがい、洗顔は当然で、マスク患者さんごとに交換、全身の次亜塩素酸スプレー散布、患者さんごとに毎回椅子、机診療ルームのアルコール消毒をおこないますので1日限定10名までです。期間中は特別診療代と感染症代が別途発生しますが安心して受診できます)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.04更新

4月6日から5/6日まで耳鼻咽喉科一般診療は休診となります。ご迷惑をおかけします。

当院は耳鼻咽喉科領域のほか、美容外科、形成外科診療手術、自費点滴注射、麻酔科ペインクリニック、アンチエイジング外来、プラセンタ注射も行ってきました。耳鼻科以外の外来(形成外来、美容外科外来、麻酔科ペインクリニック外来)は予約制なので今後も通常通り行っていきますのでご安心ください。

自費点滴注射、プラセンタ注射、院内商品希望の方は平日10時~12時、14時~16時の時間帯で予約なしで行っておりますのでご利用ください

院長の自費診療、特別診療を希望の方はこの期間は時間予約となりますのでお電話で予約お取りください。(期間中は感染対策を万全にしますので特別診療代プラス感染症対策代が別途かかります;患者さんごとの院長マスク取り換え+全身に次亜塩素酸の消毒スプレー散布+手洗い洗顔うがい、患者さんごとに椅子、机のアルコール消毒など万全を尽くして少人数のみ拝見します)

***期間中は入口のドアが閉じておりますのでインターホンでお呼び出しください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.03.21更新

3月も後半になり紫外線が多くなってきました。

最近、新型コロナ感染予防で閉鎖空間に行かないようにするかたが多くなり、皆さん(海辺や山など)アウトドアで休日を過ごす方が増えています。

僕も休日に三浦半島方面に行きましたが、磯料理屋の店主がゴールデンウイークより混んでいると言ってました。

春は紫外線が多くなり、皮膚もまだ紫外線に対して対応しにくくなっているので紫外線対策は夏より重要となります。

当院では紫外線予防のために飲む日焼け止め、日焼け止めクリーム(ともにお子さんも使用できます)採用してますし、万が一日焼けでダメージを受けた場合は点滴と内服薬で加療できますのでご相談ください。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.03.19更新

冬の乾燥で傷んだ鼻粘膜に春の花粉、自律神経の不調で高血圧でこの2.3日は鼻出血の患者さんが多くなりました。

当院では点滴でルート確保して血圧の維持を行い、鼻内ファイバーで出血部位を同定してバイポーラにて焼灼止血を行っております。(今のところ止血できなくて大学病院に緊急で紹介したことはありませんが、重症、血液疾患などの方は紹介となることがありますのでご了承ください)

予防は加湿、保湿と花粉症がある方は適切な治療です。(点鼻薬の副作用でもあります)

鼻カスがたまりやすい人は粘膜が傷んでいるの鼻出血要注意です。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.03.19更新

私は耳鼻咽喉科医であり新型コロナウイルス感染症の診断治療には当たっていませんが、報道など断片的でご理解できていない方のために日本国内の現状を説明します。

日本国内の診断の流れです。

前もって言うと、現状ではPCR検査保険適応になったと言ってますがどこでもできるわけでわありません。特定の感染症専門の医療機関に限られますので開業医レベルではどこもできない現状です。

新型コロナ感染症が疑われる方は2パターンの流れで診断となります

①新型コロナ感染が疑われる人は最寄りの保健所にお電話してそこで感染症指定病院に紹介の形で受診する流れです。そこで胸部CT、採血、PCR検査を行い重症度分類し重症の方は入院加療、軽症の方は自宅待機となる流れです。特効薬がないので自宅療養は不安になる方も多いとおもいます。

②近所の呼吸器専門のクリニックおよび病院で診察、検査(胸部CT、採血)を行い、両側の肺炎+、コロナ以外の感染症が除外されると、その医療機関が保健所に連絡し保健所から感染症専門医療機関に紹介の流れ(これは結構いろいろたらいまわしになる印象)

現段階では新型コロナウイルスを診断するにはこの2パターンしかない状態です。(例外で大学病院などの大病院では入院中の患者さんで肺炎などで新型コロナウイルスが疑われたときは院内でPCR検査できますが、直接外来に来た患者さんは検査しない方針)

この現状ですので残念ながら当院では新型コロナウイルス感染症の診断、治療できないので感染が疑われる方は上記の段階を踏んでいただけると速やかに動けるのではないでしょうか(病院何件も回っても検査できませんので)

 

 

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.03.05更新

基本、紙マスクは使い捨てですが、マスク不足のため再利用している方も現実的多いとおもいます。

再利用している方には当院採用のDr。OPIANが消臭、除菌、ウイルス不活化ができ非常に有効であります。

Dr。OPIANは化学物質を一切使用していない100%天然素材でメイドインJAPANにこだわったミストです。水溶性炭素水と電解機能水の混合による双方のメリットを活かしたミストです。三大悪臭であるアンモニア、硫化水素、イソ吉草酸の消臭、ウイルス不活化試験、皮膚刺激試験を行っております。お子さん、ペットなど安心して使用できます。

使用法はマスク外した時にスプレーし1時間以上おいてから使用するといいと思います。

院内販売しております。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.02.22更新

発熱、咳などある患者さんはインフルエンザウイルス感染症、コロナウイルス感染症、マイコプラズマ肺炎、肺結核など考えられますので胸部CTやレントゲンができる呼吸器専門の医療機関をおススメします。当院では残念ながらCT、レントゲンもありませんし検査キットも現在のところありませんので診断治療ができない状態です。

花粉症疾患、めまい疾患、難聴など従来の耳鼻咽喉科領域の患者さんは今後も専門性を発揮してしっかりと対応していきます。

咳のある方、呼吸苦のある方、発熱ある方、全身倦怠感ある方は近隣の呼吸器専門医療機関での診断加療をおススメします。

*新型コロナウイルスの相談、診断、治療などもできませんのでご了承ください。

今後、新型コロナウイルスの本格流行(パンデミック)の際は職員安全確保、感染拡大阻止のためクリニック休診の可能性もありますのでご了承ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.02.17更新

一部の患者さんからの要望でDr.OPIAN(消臭・除菌ミスト)を当院で採用しました。(僕が気に入って即採用です)

水溶性炭素水と電解機能水との混合による新しい消臭・除菌ミストです。香料、科学薬品を含まずお子さん、ペットにも安心して使用できさらにmade in Japanです。

今回は使いやすいミストタイプを採用しました。(スプレーだと均一に噴霧できないと考え)

1本;ミストタイプ;3500円(税別)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.01.23更新

美容外科手術後に鼻閉がひどくなった患者さんが多く訪れております。

鼻中隔延長術後のトラブルが多い印象です。手術自体は素晴らしい手術方だと思います。僕も手術したいのですが手術する時間がないので形成外科の先生にお任せしているのが現状です。

耳鼻咽喉科、形成外科の両方の視点で診療し鼻閉を直していきますのでご希望の方は院長診療日に受診ください。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約