よくあるお悩みQ&A

2021.06.21更新

A)今のところ、新型コロナウイルスワクチンと突発性難聴の発症に関連性はなしです。

フォーブスからの抜粋では

コロナワクチンと突発性難聴、関係性はないとの米調査結果

米国医師会雑誌(JAMA)の「JAMAオートラリンゴロジー ヘッド・アンド・ネック・サージャリー(JAMA Otolaryngology–Head & Neck Surgery)」に先月発表された報告書は、2020年12月14日から2021年3月2日の間に投与された新型コロナウイルスの2つのメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンに関連した突発性感音難聴(SSNHL)を評価した。

米ジョンズ・ホプキンズ大学耳鼻咽喉学部の調査グループは、米疾病対策センター(CDC)のワクチン有害事象報告システム(VAERS)から集めたデータを分析した。米国では、データ分析期間に8650万本以上の新型コロナウイルスワクチンが投与された。

報告書の著者らは、VAERSのデータでは報告が実際より少ない可能性があることを認め、ワクチンを接種した人の間で発生する突発性感音難聴の件数を、最低から最高までの幅で特定した。著者らは過少報告によるバイアスを考慮した結果、突発性感音難聴の件数が40~147件に上るとした。10万人当たりの1年の発生件数にすると0.3~4.1件だ。

VAERSに実際に報告された40件の事例のうち女性は63%で、平均年齢は56歳だった。難聴が報告されたのは、ワクチンを接種してから0~21日の間で、平均値はワクチン接種後4日だった。

患者の大多数に当たる75%は、突発性感音難聴に対する標準的な治療であるステロイドの投与を受けた。この集団から、ステロイド治療後の聴力改善状況に関するデータは収集されていない。

参考文献;Nina Shapiro , CONTRIBUTOR
Dispelling health myths, fads, exaggerations and misconceptions.

このことからワクチンで突発性難聴を誘発することはなさそうです。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.06.14更新

目白もちづき耳鼻咽喉科で採用の新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製)は、インフルエンザワクチンのような鶏卵、ゼラチンの使用はされておりませんので卵アレルギー、ゼラチンアレルギーのお持ちの方もご心配なく接種可能です。防腐剤であるチメロサールや容器にラテックスの使用もされておりませんので、インフルエンザワクチンで防腐剤フリーをいつも選択されている方も問題なく接種できます。

16歳から64歳の方で新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製)をご希望の方は当クリニックで接種可能です(ただし、豊島区ワクチンクーポン券ある方のみです

*豊島区以外の方はもちづき耳鼻咽喉科かかりつけの患者さんが可能です。

*豊島区以外の方で当院かかりつけ出ない方は、各自治体の接種センター、大規模接種センターをご利用ください

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.06.14更新

新型コロナウイルスワクチン接種が進行中です。

豊島区では令和3年6月14日より16歳から64歳の方にも、ワクチン接種クーポン券が随時発送が開始となりました。

妊婦さんの新型コロナウイルスワクチン接種について、接種した方がいいのか接種しない方がいいのかお悩みの方が多いのでは?

もちづき耳鼻咽喉科で採用委託されているワクチンはファイザー社(COMYRNATY intramuscular injection)について説明します。

添付文書には、妊娠又は妊娠している可能性のある女性には予防接種上の有用性が危険性を上回ると判断された場合のみ接種すること、と記載があります。

わかりやすく説明すると、予防接種上の有用性とは新型コロナウイルス感染症に対する予防効果や重症化のリスク軽減です。危険性とはアナフィラキシーショック、副反応による諸症状などです。添付文章には催奇性や早産、流産の記載はありません(まだデーターがそろっていない?)

このことから現時点において、妊婦さん、および妊娠の可能性のある女性には新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社では)推奨されていない印象です。このことから当院では妊婦さん、妊娠の可能性のある女性に対する接種は当面行わない予定です。

どうしても接種希望の妊婦さんはフォローされている産婦人科のDrにご相談されるとよいのではと考えます。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.06.11更新

豊島区の方;接種クーポン券が自宅が届きます。

年齢よって開始時期が違います

40歳から64歳で豊島区の優先接種に該当する方;6月21日予約受付開始

60歳から64歳の方;6月28日予約開始

40歳から59歳の方;7月5日予約開始

16歳から39歳で豊島区の優先接種に該当する方;6月28日予約開始

16歳から39歳で豊島区の優先接種に該当しない方;7月19日予約開始

となります。

当院でも64歳以下の患者さんの予防接種が行えますのでご相談ください

*豊島区以外の方はもちづき耳鼻咽喉科かかりつけの患者さんが可能です。

*豊島区以外の方で当院かかりつけ出ない方は、各自治体の接種センター、大規模接種センターをご利用ください

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.06.11更新

毎年、スギ花粉症の症状でお悩みの患者さんは、スギ花粉症を根本から改善する舌下面家器療法をおススメします。

治療のイメージはスギ花粉のエキスを少ない濃度から連日投与して体に慣らしてしまう(長期寛解)感じです。

開始時期はス非花粉症の飛散が終了したメ6月以降から開始がおススメです。(当院で6月~8月開始の患者さんには翌年の花粉症のシーズンには自覚的症状の改善効果を時間されております)

メリット;スギ花粉症体質の長期寛解を得られるという点、スギのエキスを使用しているので化学物質過敏症の方にも有用、保険適応の治療

デメリット;毎日、コツコツ舌下に投与し最低3年間行うので長期治療となる。

 

ご希望のの方は当院にてご相談ください

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.05.29更新

当院では美容外科手術も行っている形成外科医師がほくろの状態に合わせて、手術的摘出やレーザーを用いた切除術などを行っております。

ただほくろを取るだけでなく、きれいな術後を目指しております。

皮膚の悪性腫瘍の場合もありますので摘出組織は病理検査も行っております。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.05.17更新

当院では、毎週、水曜日、土曜日に昭和大学病院耳鼻咽喉科・頭頚部外科の第一線で手術(舌がん、口腔がん、咽頭がんなど)をされている講師のドクターが診療をおこなっております。

頭頚部外科専門医の診療、喉頭ファイバー、NBI検査、細胞診、病理検査、血液検査(腫瘍マーカーなど)、超音波エコー検査など専門性のの高い診療が可能ですのでお悩みの方は一度ご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.05.12更新

当院ではアスリートの方の、めまい、アレルギー性鼻炎、声帯ポリープ、慢性副鼻腔炎などの治療を以前から行っております。

原因疾患の治療をしないと競技のパフォーマンスが低下します。しかしながらやみくもに治療などしてしまい、禁止薬物などでドーピング検査で陽性となってしまうことがあります。(漢方ですら禁止成分が入っているものもあります)

目白もちづき耳鼻咽喉科では日本アンチドーピング機構(JADA)のアンチドーピング規定に沿った治療を行っておりますのでご安心ください。

常に禁止されている薬物、競技時に禁止されている薬物、特定競技に禁止されている薬物など、細かく分類および規定されておりますのでアンチドーピングに精通した医療機関ででの診断と的確な治療をおススメします。

アンチドーピング外来をご希望の方は院長の診察日に受診してください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.05.10更新

花粉症は俗称でスギ、ヒノキなどの春の花粉が原因でおこるアレルギー性鼻炎のことです。

すぎ、ヒノキの花粉症は2月から5月中旬までが飛散のピークです。(場所、天候により多少誤差はありますが)

花粉所のピークが過ぎても鼻症状、咳など続いている方は別の原因でその症状が起こっているかもしれません。

鼻汁、鼻閉、くしゃみ、咳など花粉症以外の原因疾患

*通年性のアレルギー性鼻炎;ハウスダスト、ダニ、カビ、ペットの垢などが原因

*季節性のアレルギー性鼻炎;この時期(5月~)はカモガヤ(イネ科)シラカバなどの花粉症が起こります

*血管運動性鼻炎;気温差、自律神経の影響で起こります

*慢性副鼻腔炎;いわゆる蓄膿症で鼻汁、後鼻漏(鼻汁がのどに垂れる)により痰になり咳の原因にも

*好酸球性副鼻腔炎;喘息合併の方におこります。難治性です

などなどいろいろな疾患がほかにもありますので一度、お悩みの方は、もちづき耳鼻咽喉科でご相談を

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.04.07更新

4月前後からめまいを主訴の患者さんが増えてきております。

当院初診の方も、お久ぶりの方も増えてきております。また、もともとメニエール病をお持ちの方、突発性難聴後遺症の方も難聴、めまい、耳鳴を急性増悪起こし再受診する方も増えております。

冬から春に変わるころ、ちょうど季節の変わり目、まさに若葉が芽吹くころ体調を崩しやすくなります。理由は、朝晩の気温差や低気圧が頻回に訪れ、自律神経が乱れやすくなっているのではないかと考えられます(気象病と言われることも)

 

耳鼻咽喉科専門医で気象病、自律神経失調症を理解できるDrにご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約