よくあるお悩みQ&A

2020.07.06更新

昭和大学病院および荏原病院の耳鼻咽喉科もしくは麻酔科ペインクリニック化から当院の米良Drによるペインクリニック外来に紹介いただいた患者さんについてです。

米良Drによるペインクリニック外来は毎週金曜日の午前中に予約制で行っております。

突発性難聴などの耳鼻咽喉科疾患の患者さんは当院の耳鼻咽喉科医師とともに米良先生が診療、治療(SGB;星状神経節ブロック)にあたります。金曜日は混雑および初診時はお待たせすることがありますので突発性難聴とその後遺症にお悩みの患者さんは金曜日以外の日にまずは耳鼻咽喉科診療をお受けになりペインクリニックのご予約を受診時に行う方がお待たせせず診療、検査、治療ができると思います。

なにとぞご協力をお願いします。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.06.29更新

当院は感染症指定医療機関でないため新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査はできません。(国の方針)

以前から当院ではスタッフの安全確認のために抗体検査、抗原検査キットを保有しておりました。

今回、かかりつけの患者さんなどからの要望が多数ありましたので、希望者には当院で抗体検査(IgM,IgG)、抗原検査を行うようにしました(感染症指定医療機関でないために当院では保険診療での抗原検査、抗体検査はできませんので自費検査となります)

検査キットは、いろいろな国メーカーから発売されており安価なもの、信頼度の低いものが出回っている印象です。

当院採用のものは当院の医薬品を卸している医療メーカーからの信頼できる検査キットでありますのでご安心ください。(個人輸入でありません)

抗原検査陽性者は今感染している恐れがりますので保健所に連絡させていただきます。

抗体検査陽性者は過去にかかったことを意味しますがIgMとIgGがありますのでその辺は難しいので検査した方には説明します。

抗体検査、抗原検査陰性の方は陰性である証明書を発行しますのでお仕事などで必要な方には重宝すると思います。(この証明書が欲しい方が多い気がします)

抗原検査診断証明書セット;¥21000(税別)(鼻から採取)

抗体検査診断証明書セット;¥15000(税別)(血液から採取)

**抗原検査は鼻の奥から検体を取りますので感染症対策のレベルを上げますので高額です。

*証明書で当院以外のものをご希望の方は別料金¥5000~となります

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.06.19更新

新型コロナ流行で本来、6月末まで行われなくてはいけない学校検診が全く行われておりません。

ご心配な保護者の方からの相談、受診が増えております。耳垢が詰まっているお子さんも例年より多い気がします。

湿度も多くなりお子さんは汗をかきやすいので耳の中が不潔になりやすいこと、保護者が耳掃除してあげるも中に逆に押し込んでいる事例も多くみられます。耳掃除はしなくていいとおっしゃるDrがいますが医学的には耳には自浄作用があるのでする必要はないのですが、鼻毛といっよでエチケットの問題だと僕は考えております。鼻毛も必要ですが伸び放題で鼻毛出ていのはどうかと思いますし、耳垢も外から耳の入口に見えたり、美容院で洗髪後に耳もふき取ってもらうときにタオルに耳垢ついていたらちょっと恥ずかしい感じなのでとれるものは除去した方がいいと考えております。美的な問題ですね

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.05.18更新

花粉症(スギ、ヒノキ)のシーズンは終わりましたが、最近になってアレルギー症状(鼻汁、鼻閉、くしゃみ、咳、皮膚のかゆみなど)がひどくなったり、出現している患者さんが多くなっております。

この時期は花粉ではカモガヤ、シラカバが出始めてきます、エアコンなどつけ始めると、ハウスダスト、ダニ、カビのアレルギーもでます。

意外に多いのが黄砂と気温差です。黄砂は中国から飛来しますが飛んでくる過程で大気汚染物質を吸着してきますので、咽頭粘膜、気管などに障害を起こしやすいと思います。風邪?コロナ?と思う症状も意外と黄砂が原因であることがありますよ。また、気温差(特に朝晩、エアコンの効いた部屋からの出入りなど)でアレルギーを起こすこともあります。加齢とともに症状出やすくなるようです。

花粉症でないのに症状ありお困りの方は、当院で相談に乗りますので受診を。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.05.09更新

新型コロナの影響、お引越しで今まで通院していた医療機関に受診できない方は当院で引き続き治療ができます。

外来点滴センターありますのでご安心して受診してください。

点滴のできる疾患は、急性扁桃炎、急性喉頭蓋炎、多発性口内炎などの急性炎症による摂食障害がある場合、めまい発作で内服できない場合、突発性難聴、顔面神経麻痺で連日点滴が必要な場合、喘息発作、蕁麻疹発作などのアレルギー疾患の急性増悪時、脱水、熱中症のとき、など意外とあります。入院までいかなくて通院点滴希望の方などに大変重宝されております。(***抗がん剤の通院加療は当院ではできませんのでご了承ください)

他院からお越しの方はできれば紹介状をご持参下さい。(紹介状は最悪なくても大丈夫ですが状態により当院で再検査を必要に応じて行います)

***自費点滴注射も充実しております(各種ビタミンABCD、ダイエット、美白、プラセンタ、二日酔い、抗酸化剤、むくみ取りなど)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.23更新

通院している大学病院、総合病院が軒並み新型コロナ感染症の入院治療を行っており、コロナ感染症以外の医療がないがしろにされつつあります。

当院では患者さんの経過など聞きながら他院での処方などを必要に応じて処方できますのでご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.13更新

緊急事態宣言で外出自粛で運動不足、自宅での制限されたストレスでお子さんの体調不良が多くなってきております。

4月6日より当院電は電話再診と必要に応じて処方箋の発行を行っていります。

4月13日からはまずは東京都在住のお子さん(15歳未満)限定で初診のお子さんも当院でオンライン(電話)診療と必要に応じて処方箋の発行が可能です。

まずは(平日9時40分~11時40分、13時40分~15時40分の期間で受付保険証、医療証、連絡先(電話番号)を当院にFAX(0359887552)していただき当院で電子カルテ作成でき次第こちらからお電話します。院長が保護者(およびお子さん)と電話で診療開始です。状況に応じて受診をすすめたり、指導したり、処方箋の発行を行います。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.07更新

緊急事態宣言が本日夜にも発令される見込みです。

当院ではすでに緊急事態宣言が出る前から、感染拡大防止のため耳鼻咽喉科一般外来を休診当院ですでにおかかりの患者さんのみ、電話再診を行い、生活指導、内服の飲み方などの指導、必要に応じて処方箋の発行、状況に応じて時間指定で個別の受診を促しており、安心感があるとご好評いただいています。

また特別予約診療枠も不動の人気があります。

他の医療機関など閉鎖されお困りの当院初診の患者さんは一度お電話でご予約していただき指定のお時間に受診ください。(平日10時~12時、14時~16時)

今後も一歩先を見越した方針で運営していきたいと考えておりますのでよろしくお願いします。

**院長は多分、新型コロナウイルスに罹患しないと思いますのでご安心ください(インフルエンザにも今まで罹患したことなし)

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.06更新

コロナ感染症対策で耳鼻咽喉科外来が休診になりご迷惑をおかけしております。

プラセンタ注射、自費点滴注射、ヘリオケア、ラシャス、マスクなどの院内販売商品、自費薬剤購入、は平日10時~12時、14時~16時の時間帯で通常通り行っておりますのでご安心ください。

クリニックの玄関のインターホンでお呼び出しください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.06更新

新型コロナ感染対策のため耳鼻咽喉科外来が休診となりご迷惑をおかけしております。

再診の患者さんで症状の落ち着いている患者さんはこの都度電話再診で処方ができるようになりました。

平日午前10時~12時、14時~16時の時間帯でクリニックにお電話(03-5988-7551もしくは03-5988-7552)

お名前と当院の診察券番号を伝えてください

電子カルテでご本人の確認し状況をうかがいます

生活指導など行い、必要であれば処方箋を発行します

当クリニック近隣のクリニック指定調剤薬局に当院から処方箋の情報を伝えます(今のところ個人情報の観点から当院指定の調剤薬局数件のみ)もしくは当院へ直接処方箋を取りに来ていただく

指定調剤薬局でお薬をいただく

後日(コロナ流行終息後など)電話再診料を当院で支払い。(患者さん当院での信頼関係ですので後日来れるときに支払いで結構です)

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約