よくあるお悩みQ&A

2020.09.14更新

原因となる植物によって花粉症症状はそれぞれ違います。

春のスギ花粉の場合は、花粉粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく、下気道への影響は少ないとされ、そのため春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状とされています。
一方、秋の花粉症の原因のひとつ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、気管に入って喘息のような症状を引き起こすケースもあります。
スギ花粉症患者の70%の人が季節を問わず、他の花粉症を発症しているといわれています。

鼻の症状で軽症の方は市販薬でクラリチン、アレグラ、アレジオンなどいい薬がありますのでご利用してみてはいかがでしょうか。

重症花粉症、咳を合併の方、原因を調べたい方は東京目白もちづき耳鼻咽喉科でご相談ください

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約