院長ブログ

2020.08.28更新

8/24、大鵬薬品株式会社の社内研修会を行いました。

新型コロナ感染症流行下でありますのでリモートで講演しました。(院長室から)

約1時間の講演でしたが質疑応答も問題なくでき今後はこれがスタンダードになる予感です。

今後、耳鼻咽喉科の学会などもオンライン化してほしいです。ホテル、新幹線予約、移動時間の無駄や、学会会場の込み合いや椅子の座りごごちの悪さなど疲れるだけなので。(今年は秋は岡山、大阪で大きな耳鼻咽喉科学会がありますがオンラインとのハイブリッドタイプのようです)

ただ昭和的な考えの方は、集まることに意味を見出していたり、みんなで集まって食事会、慰労会などしたい方もいるのでオンライン化は一時的なのかな⁈

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.08.07更新

新型コロナ感染症(COVID-19)の流行が継続しております。

インフルエンザ感染症と新型コロナ感染症は発熱、倦怠感、呼吸器症状など非常に臨床症状が類似しており臨床症状、所見では耳鼻咽喉科専門医でも判別不能であり確定診断には検査キット、PCR検査が必要となります。(現在、日本国においてはインフルエンザの簡易検査は保険で可能ですが、新型コロナ感染症(COVID-19)の検査は症状のない人は自費となります)

インフルエンザに関連する死亡者数は日本では年間約1万人と推計されており、合併症としては、インフルエンザ脳症、インフルエンザ肺炎、インフルエンザ後に発症する細菌性肺炎が代表的です。インフルエンザ脳症は小児に多いが、成人がなることもあるます。高熱が4~5日続く、数日経過しても逆にせきが悪化しているなどの症状があるときは、細菌性肺炎の合併や新型コロナ感染症が疑われます。

今シーズン(2020年秋ごろから)はインフルエンザ感染症と新型コロナ感染症の流行が重なり医療機関が診断などに苦慮することや、発熱者の診療拒否がおおいに予想されます。

目白もちづき耳鼻咽喉科ではオーストラリア政府などが推奨している、まずはインフルエンザワクチンの予防接種(ワクチンのある疾患を予防する観点から)を行いインフルエンザを封じ込めることが現在の状況から有用だと考えております。

目白もちづき耳鼻咽喉科では今シーズンのインフルエンザワクチン接種を強く推奨しております。

前金制で予約できます(キープできますので都合、体調のいい日に接種できます) 注)返金不可

・通常ワクチン;1回¥5000(税別)

・チメロサール(防腐剤)フリーワクチン;¥7500(税別)

***公費などで接種希望の方は当院では適応になりませんので他の医療機関へ

***一度ご予約いただいた方はキャンセルによる返金はできませんのでよく考えてからご予約ください

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.07.01更新

ミストプロ 目白もちづき耳鼻咽喉科

6月30日の診療終了後、知りあいのご好意で目白もちづき耳鼻咽喉科クリニック内全てを光触媒を使ったコーティングを行っていただきました。

新型コロナ感染(COVID-19)などの各種感染症予防に効果的のようです。

イオニアミストプロといって酸化チタン粒子が静電気的に自己結着し酸化チタンの持つ光触媒効果を発揮し抗菌、消臭効果が得られるとのことです。

施行1時間後クリニック特有なにおいなくなり効果を実感できました。

ついでに僕のスマホもコーティングしていただきました。

イオニアプロ1イオニアプロ2 もちづき耳鼻咽喉科イオニアプロ3 もちづき耳鼻咽喉科

今後も目白もちづき耳鼻咽喉科を安心してご利用できると考えております。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.05.19更新

登録していただいた患者さんには、休診情報、各専門外来の予約状況、キャンセル状況、美容アンチエイジング情報、インフルエンザワクチン予約開始情報、季節の注意すべき疾患情報などいち早く発信してまいります。

もちづき耳鼻咽喉科公式LINE@

***今のところ医療相談、お問い合わせなどはLINE@を通じてできませんのでご了承ください

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.05.09更新

当院では衛生対策および院内美化のため定期的に専門業者さんに委託しエアコン掃除、床の清掃ワックスがけ、院内除菌を行っております。(毎日診療前にスタッフが掃除と除菌対策してますが)

5月9日の土曜日の診療後に行いました。実は日程忘れていまして業者さんが来て初めて気づくということになりました(予定入れてなくてよかった)

終了まで立ち合いました。(立ち合い中にこのブログ書いています、ついでにレセプトの提出も)

週明けから床がピカピカなので受診したとき意識してみてください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.05.09更新

新型コロナにて国民の生活がひどく制限され、ストレスの積み重ねで自律神経、精神的に乱れてている方が増加してきました。

(外出制限でいわゆる感冒(感染症)などは減少傾向ですが)

自律神経はは交感神経(Up系)、副交感神経(down系)のバランスで成り立っていります。夜はリラックスして初めて眠気が出ますが交感神経優位であると眠れませんし、仕事中は適度に交感神経優位にならないとだるさ、眠気が襲ってきます。現代人、特に先進国で生活している人間は自律神経のチャンネルの切り替えが不規則になりいろいろ障害を起こします。障害がおこると、めまい、耳鳴、肩こり、頭痛、下痢(便秘)、不眠、動機、発汗、体温調節障害(微熱もしくは低体温)などいろいろな症状がおこります。医学的には不定愁訴といいます。これが続くと精神的にまいっていまい、不安神経症、うつ病など精神科疾患になってしまう方もおります。

医師の中でも自律神経疾患と精神疾患を混同している方が多い気がします。

耳鼻咽喉科領域は感覚器を多く扱う科でありますのでこのような患者さんに遭遇することが非常に多いと思います。特に大学病院などで外来を行っていると診断がつかず近隣の開業医の先生から紹介をいただくことが多く、初診の15%くらいの割合になる感じです。最近、当院でもその比率が多くなってきております。(東日本大震災の時も多かった)やはり新型コロナによる恐怖感、行動制限によるところが多いと考えられます。

甲状腺疾患、更年期障害、貧血、メニエール病など隠れた疾患もありますので、ご心配な方はまず医療機関でしっかり診察、検査、診断をしていただく方がいいと思います。ただ、総合病院ですと内科、婦人科、精神科などいろいろな診療科を受診しなくてはいけないこと(ひどいときはうちの科ではないとたらい回しになる事例もあります)を考えると、しっかり理解したDrに総合的に診ていただくことがおススメです。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.24更新

ランチに好意にしていただいている、大塚の星野リゾートさんの1階にあるeightdays cafeさんから差し入れいただきました。オーナー自ら配達していただきました。

僕はナポリタン、米良教授もナポリタン、藤居Drはカレーライス、スタッフは全員ロコモコでした。みんなテンションUpで食べていました。

暗い世の中ですが食で元気をいただきました。本当にありがとうございました。

もちづき耳鼻咽喉科、大塚eightdayscafeもちづき耳鼻咽喉科、差し入れ

大塚北口は再開発されおしゃれな街に変わっていますので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょう

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.24更新

4月6日から行っているオンライン(電話)再診が好評につき、電話がつながりにくい事態が起こっておりました。そのため5月7日より回線増設、対応スタッフ増員を行い、もちづき耳鼻咽喉科医療コールセンターを新設します。電話で医師が状況を聞き、問診など行い必要に応じて処方箋の発行もしくは必要の方は受診の推奨を行います。

新型コロナウイルス感染症拡大(今後もウイルスと共存社会?アフターコロナの社会)、今後の医療の在り方など考査した結果、もちづき耳鼻咽喉科医療コールセンターの新設の運びとなりました。(TEL03-5988-7551;診療時間内)

 内科的疾患などは処方箋の発行で済みわざわざ受診しなくて患者さんの感染リスク、通院のわずらわしさがなくなります、外科的(耳鼻咽喉科的、形成外科的、美容外科的)な手術、処置、点滴加療など必要な方のみ受診していただく形になります。(結果的にクリニックが込み合うこともなくメリットが大きいいと判断しました)

 

 

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.21更新

オンライン診療(電話)で再診の患者さんを診療していますが最近、めまい、片頭痛の悪化の方が多くなっております。めまいの患者さんは普段から運動を進めておりますが、新型コロナ流行で適度な運動もできず、さらにテレビ、スマホなどでも新型コロナネタの報道が多く気持ちもふさいでしまいます。

新型コロナに対しては必要な情報のみ収集する、それ以外は好きなこと(読書、DVDで映画鑑賞、家族でUNOなど)、楽しいことをやって前向きに生活することが重要です。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.04.17更新

母校の昭和大学医学部から毎年更新される辞令が届きました。

兼任講師とは非常勤で大学で医学生の講義したり、臨床で外来や手術を行ったりします。講師以上で開業したDrが(だいたい)母校の発展、後輩の育成のために行うことが多いです。

大学にはいろいろ決まりがあり(特に医学部)、研修医→(医員)→助教(助手)→講師→準教授→教授と軍隊?みたいな階級?があります。講師以上は博士号(医学博士)ないとなれないしくみです。教授になって白い巨塔みたいにブイブイ行けるかと思いきや、教授の上?には大学理事がいますので現実は違う印象です。

医学博士≠医師、知ってました?

目白もちづき耳鼻咽喉科、医学博士、昭和大学医学部兼任講師

医師とは医学部(6年)を卒業して医師国家試験を合格して厚生労働省の医籍に登録されたものが名乗れます。(厚生労働省のサイトで名前でてます;今時、偽医師はいないと思いますが)

医学博士は医学部で研究し論文が大学で認められると博士号がもらえますので医師でなくてもなれます。ふつうは医師免許+医学博士のパターンが多いですが、テレビのコメンテーターで医学博士と言っても医学部出てなくて医師免許もっていない方もいますのでご注意?を

当院の耳鼻咽喉科Drは全員講師以上なので結果、医学博士+医師ということになります。(院長もね)

*出身大学≠医局(勤務病院)のこともあります。(有名大学で多いですよ)

 

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png