院長ブログ

2023.03.31更新

新型コロナは令和5年5月8日に感染症法上の5類へ移行すると政府が発表しました。

もちづき耳鼻咽喉科では、東京都の新型コロナウイルス感染検査などの委託医療機関となっております。

当院で、保険診療にて検査、治療ができますので、ご利用、ご相談ください。

嗅覚障害などは初期治療が重要と考えられますので、当院では新型コロナ感染症により起こっている症状の改善のために治療を行います。(従来の医療機関ではカロナールしか処方しない事例が多く、咳、頭痛、嗅覚障害、咽頭痛、後鼻漏など長引く傾向にありましたが、当院では、患者さんの症状に合わせて治療を行いますので、後遺症になりにくいと考えております)

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2023.03.15更新

花粉症で咳、微熱など風邪のような症状が出ることがあります(鼻の症状、目の症状が一番に連想されますが)

スギ花粉よりもヒノキ花粉が、咽頭痛、咳、微熱など起こりやすい傾向にあります。ヒノキ花粉は粒子がスギ花粉より細かく、スパイクが多いので咽頭粘膜、期間粘膜に張り付きやすく症状を引き起こします。急激にアレルギー反応が起こると、炎症物質ヒスタミンが大量に放出され微熱など風邪様症状が起こりやすくなります。

ヒノキの本格飛散期は例年4月に入ってからが多いですが、2023年度はすてに飛散が始まっており、咳、夜間の咳、咽頭痛などの症状の患者さんが増えております。

もちづき耳鼻咽喉科目白院ではヒノキ花粉症の診断、治療を行っておりますのでご相談ください。

ヒノキ花粉症はゴールデンウイーク明けまで続きますよ。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png