よくあるお悩みQ&A

2021.01.25更新

体にしこりがある方はご相談ください。

しこりと言われるものには、リンパ節の腫脹(炎症性、癌性、癌性の転移、悪性リンパ腫、白血病など)、良性腫瘍(脂肪腫、繊維腫、ガングリオンなど)、粉瘤、耳瘻孔、唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍など多彩な疾患があります。

当院では触診、超音波(エコー)診断、針生検(細胞診)、採血による各種腫瘍マーカーの検査などで精査可能です。診断後は薬物加療、外科的手術なども可能であります。

ご心配の方は院長診療もしくは大学病院医師外来を受診ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.01.25更新

日本小児科学会よりお子様のマスク着用について提言がありました。(以下抜粋)

乳幼児は、自ら息苦しさや体調不良を訴えることが難しく、自分でマスクを外すことも困難です。また、正しくマスクを着用することが難しいため、感染の広がりを予防する効果はあまり期待できません。むしろ、次のようなマスクによる危険性が考えられます。・呼吸が苦しくなり、窒息の危険がある。
・嘔吐した場合にも、窒息する可能性がある。
・熱がこもり、熱中症のリスクが高まる。
・顔色、呼吸の状態など体調異変の発見が遅れる。

 特に、2歳未満の子どもではこのような危険性が高まると考えます。

 子どもがマスクを着用する場合は、いかなる年齢であっても、保護者や周りの大人が注意することが必要です。感染の広がりの予防はマスク着用だけではありません。保護者とともに集団との3密(密閉、密集、密接)を避け、人との距離(ソーシャル・ディスタンス)を保つことも大切です。

参考:

日本小児科学会
米国疾病予防管理センター(CDC):赤ちゃんや2歳未満の子どもには、窒息のおそれがあるため、顔を覆う布(マスク)を使用しないでください。

 

鼻汁、咳、痰がある場合はマスク着用時にリスクが伴いますので、鼻汁、咳、痰に対して、しっかりとした治療が必要と考えられます。小児科耳鼻咽喉科を標榜する当院でご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.01.25更新

新型コロナ感染症の急性期には高熱が出た患者さんは、高熱によるめまい、耳鳴、関節痛、倦怠感は出現します。(インフルエンザ感染症なども)

まれに髄膜炎、脳炎に移行すると歩行できないくらいの激しいめまい、頭痛、などが起こります。

新型コロナ感染症でしばらくしてから、浮遊性のめまい、頭重感、だるさ、倦怠感、不眠など持続、出現される方は、新型コロナ感染による後遺症もしくは新型コロナに感染した心的ストレスによる症状の可能性があります。

目白もちづき耳鼻咽喉科では新型コロナ感染症の急性期治療はさすがに不可能ですが(入院加療が必要ですので)、新型コロナ感染後遺症(感染後2,3か月以上)に対して精査加療を行っておりますのでご相談ください。

 

*新型コロナ後遺症外来希望の方は院長特別診療枠でご予約ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2021.01.05更新

*新型コロナ後遺症外来希望(味覚障害、嗅覚障害、めまい、頭痛、不眠、不安感、動機など)の方は院長特別診療枠でご予約ください(電話予約)

新型コロナ感染後3か月以上経過しても、微熱、だるさ、疲労感、意欲低下、不眠、動機、味覚障害、嗅覚障害、不安感、脱毛、爪の変形、下痢、血圧不安定などの症状が持続もしくは発作性に繰り返す方は新型コロナ後遺症の可能性もあります。他の隠れた病気もあることもありますので不安な方は受診をおススメします。当院では西洋医学的診断治療と東洋医学的診断治療を同時に行ってまいります。希望により東洋医学的治療のみなども可能です。

院長および東洋医学専門の正木Drが治療に当たります。

新型コロナ発症間もない方の諸症状は急性期症状でありますので後遺症ではありませんので当院では対応できません、新型コロナ感染より2.3か月経過して諸症状ある方が新型コロナ後遺症と考えております。)

院長特別診療枠で電話予約を;初回¥25000~¥40000(必要な検査に応じて差があります)

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約