よくあるお悩みQ&A

2020.01.23更新

美容外科手術後に鼻閉がひどくなった患者さんが多く訪れております。

鼻中隔延長術後のトラブルが多い印象です。手術自体は素晴らしい手術方だと思います。僕も手術したいのですが手術する時間がないので形成外科の先生にお任せしているのが現状です。

耳鼻咽喉科、形成外科の両方の視点で診療し鼻閉を直していきますのでご希望の方は院長診療日に受診ください。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.01.21更新

花粉症は昨今、薬局などでもいい薬(アレジオン、クラリチン、アレグラ)がありますので軽症の方は当院にかかる必要はないと考えられますが、中等度以上の患者さんで内科もしくは他の医療機関などで改善しない方や、重症花粉症の方の治療を当院で積極的に行っております。

当院で、炭酸ガスレーザー治療ヒト化抗ヒトIgEモノクロナール抗体製剤(世界初の花粉症治療薬;注射)を使用した治療が保険診療が受けられます。

他にも多彩な治療の選択肢、組み合わせがありますので患者さんのライフスタイル、症状、重症度に合わせた治療を提供しておりますのでご相談ください。

***軽症の方は他院受診もしくは薬局でクラリチン、アレグラ、アレジオンなどを購入をおススメします。

 

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.01.20更新

当院ではめまい発作、急性胃腸炎などの脱水、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍などの摂食障害、急性喉頭炎、急性性声帯炎などの呼吸障害、喘息発作、突発性難聴の治療など内服、外用による加療が困難な患者さん、入院はできないが通院点滴で治したい患者さんに点滴スペースを確保してありますのでしっかりした治療ができる体制になっております。

当院にご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.01.07更新

辛い肩こりをお持ちのマダムが多い印象です。マッサージなど定期的に通院するも効果を実感できていない方が多い現状を目にします。

年齢とともにまぶたの皮膚がたるみ、重力に勝てなくなります。黒目が半分眼瞼下垂でおおわれてしまいますと日常でもカーテンが下がった状態ですので視野が狭くなり膿が疲れやすくなります、自律神経も乱れ首や肩のコリがひどくなります。

当院では眼瞼下垂があり肩こりをお持ちの患者さんに眼瞼修正術を行っております。まぶたもすっきりしますし、眼もパッチリ開きますので見た目も肩こりも改善し一石二鳥であります。

形成外科専門医が行いますので眼科さんでやられるより仕上がりなども満足いただけるかと思います。

自費治療となりますのでご了承おねがいします。¥180000(税別)

完全予約制でDr岡田もしくは草野が行います。電話予約でまずはカウンセリングをお願いします。

*眼瞼下垂のない肩こりの方は筋膜リリースをおススメします。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約