院長ブログ

2020.09.28更新

2020年9月28日より東京目白もちづき耳鼻咽喉科では、インフルエンザ予防接種を開始としました。

通常ワクチンアセトアルデヒドフリーワクチンともに在庫ありますのでご相談ください。

ご予約(ご入金済)の方はキープされておりますのでご自分の体調、都合などお考えになってご自分のペースで来院なさってください。

予約なしで当日希望の方も対応できますので希望の方は受付で申し出てください。(電話での予約の有効は当日限りですのでご注意を)

***東京都、区の助成金で接種ご希望の方は、当院において対象になりませんので他の医療機関へ(当院は自費のみ)

***安価なワクチン接種希望の方は他の医療機関へ

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.09.28更新

東京目白もちづき耳鼻咽喉科では2020年8月下旬より今シーズン(2020年度)インフルエンザ予防接種のご予約開始としました。( 目白駅周辺でインフルエンザ予防接種可能なクリニックです。)

新型コロナ感染症に備えインフルワクチン接種で対策を!

東京目白もちづき耳鼻咽喉科クリニックでは、インフルエンザワクチンの接種をお奨めします。

その理由は、インフルエンザと新型コロナ感染は発熱や上気道症状を呈し、臨床症状だけでは医師が区別できないからです。さらに、インフルエンザと新型コロナは同時に感染することがあるので、抗原検査やPCR検査が陰性でも感染は否定できない。今秋(2020年)以降、インフルエンザと新型コロナが同時に流行すれば、発熱患者はすべてコロナ感染の可能性があるとして取り扱わねばならなくなり、医療機関によっては診療拒否などがおこり患者さんのたらいましなどの事態がおこる可能性が考えられます。(2020年6月から危惧してました;ブログにも書いてあると思いますが)
 インフルエンザは秋から冬の1シーズンで1000万~1400万人程度が罹患します。(感染のピーク時で1日で約30万人が診断。)

日本国においてインフルエンザワクチンの生産量は毎年決められた人数分しか生産されてません。(以外に知らない方が多い)

今年(2020年)の秋以降は、新型コロナの感染が否定できない発熱患者が大量に生まれる可能性があります。 手洗いやマスクなど基本的な対策に加え、目白もちづき耳鼻咽喉科ではインフルワクチンの接種を重ねて推奨します。(インフルエンザに罹らなければ、新型コロナ感染疑いとして扱われずに済みます!)

*目白もちづき耳鼻咽喉科クリニックでは通常のインフルエンザワクチンとアセトアルデヒドフリーインフルエンザワクチンの2種類をご用意しておりますのでご相談ください。(全て自費注射となります)

*東京都で65歳以上の方など助成金での接種希望の方は当院では行っておりませんので他の医療機関にご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.09.28更新

東京目白もちづき耳鼻咽喉科クリニック内の定期フロアーワックス洗浄(床クリーニング+ワックス)が2020年9月26日に4時間をかけて完了しました。

清潔感あるクリニックで、日々医療を提供してまいりますのでよろしくお願いします。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.09.18更新

新型コロナ(COVID-19)流行でマスク着用が多くなり、会話の時にどうしても相手の目もとに意識が行きます。

ちょっとした目の周囲のシワ、目もとのたるみ、まぶたのたるみ、眼瞼下垂などがマスク着用で目立ちやすく年齢以上の見た目になってしまいます。

マスク美人の方は眉毛、まつげ、シャドウなど目もとのケアを重視してます。(まつ毛育毛剤ルミガンもあります)

目白もちづき耳鼻咽喉科での形成外科・美容外科部門でも最近は目もとのお悩みの相談、手術が多くなっております。

目白もちづき耳鼻咽喉科のおススメ手術は切らない眼瞼下垂手術です。切らない眼瞼下垂と二重手術のハイブリッド手術も人気です。

切らない眼瞼下垂手術のメリットはダウンタイムが大幅に短縮される点です。

従来の手術ですと皮膚などにメスで切開を行い糸で縫合しますので術後の内出血、腫脹などデメリット起こりやすくなりますが、当院の切らない眼瞼下垂はメスの観血的切開がない革新的な手術なので内出血などがおこりにくいメリットがあります。

形成外科・美容外科部門担当医のDr岡田先生が丁寧な診療手術を行っておりますのでご相談ください。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

2020.09.10更新

東京目白もちづき耳鼻咽喉科の人気外来である、麻酔科ペインクリニック外来(昭和大学病院麻酔科特任教授;米良Dr)が2020年9月より毎週、月曜日と金曜日の午前中になりました。

痛みの治療に特化した外来です

首、肩、腰などの様々な体の痛みに対して医学的に治療を選択して行っております。痛みだけだなく突発性難聴の治療にも保険適応がありますので耳鼻咽喉科とともにご相談ください

内服薬物療法、各種ブロック注射(硬膜外ブロック、星状神経節ブロックなど)、トリガーポイント注射など麻酔科ペインクリニック専門医が治療に当たります。

適応疾患;変形性頚椎症、椎間板ヘルニア、根性坐骨神経痛、頸肩腕症候群、突発性難聴、自律神経症状などに

昭和大学東病院からの紹介、荏原病院からの紹介の方、当院初診の方は目白もちづき耳鼻咽喉科へお電話でご予約を

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約