院長ブログ

2018.01.22更新

インフルエンザウイルスが猛威をふるっております。多い日で30人ほど検査することもあります。

冬のシーズンは空気の乾燥で粘膜が傷みやすくそこからウイルス、細菌が侵入して感染症(いわゆる感冒)が成立します。予防は加湿です。マスクだけでは不十分ですので必ず加湿器を設置しましょう。

また、このシーズンは人間の免疫力も夏に比べ30パーセントほど低下(男性ホルモンも)します。では、どうすれば免疫力をUpさせるのか?十分な睡眠とビタミンC接種が効果的です。ビタミンC(アスコルビン酸)は水溶性ビタミンで人間は体内で合成できず外部から接種するしかないのです。ビタミンCは熱に弱いので食品で加熱すると効果が失われてしまいます。(ブロッコリなど) 効果的に体内に取り入れるには静脈内投与が一番です。

睡眠不足でビタミンC不足の改善は点滴注射での血管内投与が効果的です。当院ではビタミンCの点滴治療をクリニック診療時間内いつでもに行っております。患者さんの希望、状態に合わせて、ビタミンC2グラム(2000㎎)から行っております。4グラム以上ですと血管痛が起こることがありますので注射でなく点滴となりますのでご了承ください。

ちなみに僕はビタミンC4グラム+ニンニク2.5倍+チオクト1A注射を週に1,2回行っており、マスクなしの診察で頑張っております。

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約