新型コロナ後遺症外来

新型コロナ感染後遺症外来

これってコロナウイルス感染症の後遺症かも?

コロナ感染症の不快な後遺症でお困りの方
新型コロナ感染後から持続する様々な症状でお悩みの方の診察を行っております。

2021年6月に当クリニックの新型コロナ後遺症外来がテレビ朝日サンデーLIVE!!で特集されました

2021年5月17日よりもちづき耳鼻咽喉科クリニックでは自費検査価格を見直しし、患者様に身近な検査になりました。

新価格はこちら【新型コロナ検査の価格表】

 
 

新型コロナ感染後の症状とは

新型コロナ感染後、一般の感冒症状(鼻汁、鼻閉、嗅覚障害、味覚障害、耳閉感、発熱、高熱によるめまい、咽頭痛、咳など)が急性期(発症時から1、2週間)におこります。

急性期を過ぎると症状は通常改善に向かいますが、嗅覚障害、味覚障害が残る方が通常の感冒やインフルエンザ感染症に比べて新型コロナ感染症には多い印象です。

新型コロナ感染症の急性期を過ぎても、咳、呼吸苦、微熱、だるさ、倦怠感、めまい、不眠、嗅覚障害、味覚障害、爪の変形、脱毛、動機、下痢など症状が1か月以上持続する方を新型コロナ感染症後遺症ではないかと考えております。(現在のところ各種学会、WHOなどでまだ定義されてませんが)

***自律神経失調症、うつ病などの疾患と鑑別が難しいことがありますので自己判断せず専門の医療機関にご相談を

 

当院の新型コロナ後遺症外来とは

当院では耳鼻咽喉科専門医による嗅覚、味覚障害の診断治療を中心に、自律神経症状などある方も含めて院長が全身的検査(採血、超音波エコー、平衡検査、新型コロナ抗体検査など)、耳鼻咽喉科的精査(嗅覚検査、鼻副鼻腔ファイバースコーピー、嗅覚味覚採血検査など)を行い診断し、患者さんに合わせた治療を行っております。

*まずは院長診療枠でご予約ください

当院の漢方外来担当の正木Drと連携した漢方治療も行えます。

他院で新型コロナ後遺症における諸症状で上咽頭処置(Bスポット治療、EAT治療)希望の患者さんにも対応しております。

*最近、実際には新型コロナに感染していない(正規のPCR検査を行っていなくて医師の診断されていない、発熱が続いたので憶測で新型コロナ感染など)のに新型コロナ後遺症の診断されている患者さんがおります。そんな患者さんにも対応可能です

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約