補聴器外来

水曜日午後が補聴器外来となります(予約制)

補聴器について

聴力は一般に30歳代を境に衰え始め、特に高音域から低下していきます。高い音が聞こえにくくなると、母音は聞き取れるものの、子音が聞き取りづらくなってきます。例えば、「広い」と「白い」、「佐藤さん」と「加藤さん」などのような文言では、言葉の聞き間違いが起こりやすくなってきます。
こうした年齢による聴力の低下は、年を重ねるごとに少しずつ進んでいきますので、耳が遠くなったように感じられたら早めに専門家による評価を受け、必要ならば適切な補聴器を装用することが大切です。
また聴力の低下のなかには、何らかの疾患が原因となっており、その治療により回復が見込めるケースがあります。しかし、治療を行っても回復が見込めず、難聴による不便が生じたなら、補聴器の装用を検討します。

補聴器のいろいろ

補聴器と一口に言っても、いろいろな種類があります。見た目の形も違えば、価格によっても、搭載されている機能によっても違いが出てきます。また、信号処理の方法によって、アナログ補聴器とデジタル補聴器に大きく分けることもできます。
補聴器にはいろいろな種類、タイプがありますが、それぞれの特徴をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて、最適な補聴器を選ぶようにしましょう。
なお、補聴器を装着しさえすれば、以前と全く同じような聞こえに戻れるかと言うと、必ずしもそうとは限りません。しかし、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになることで、日々の生活における様々な不便が軽減され、より快適な暮らしが実現することでしょう。

補聴器は医療機器

補聴器は主に生活の場で使われますが、あくまでも医療機器ですから、自分に最も適した補聴器を選ぶために、耳鼻咽喉科医から販売店の紹介を受けるようにしてください。
また、耳鼻咽喉科医の診断に基づいて「調整(フィッティング)」をしてもらうことも肝心です。

当院での補聴器のご相談

当院では、補聴器についてのご相談をお受けいたします。
診察を受けていただき、難聴に関する診断を行った後、補聴器の作製・調整を行うことで、より快適に補聴器をご利用いただけるようになります。また、購入後の調整など、アフターケアについても責任をもって対応して参ります。
日常生活での補聴器のご使用をご検討の方、現在お持ちの補聴器が合わない方などは、お気軽にご相談ください。より快適な「聞こえ」をサポートいたします。

 

当院での補聴器外来の流れ

 1⃣診断;医師が行います
  ご診察し、耳の状態や純音聴力検査、語音聴力検査などから難聴の診断をし、補聴器の必要性・適応の有無を判断します。

  ※難聴の程度によっては、身体障害の認定を得て、補聴器の購入に公費補助が受けられるケースがあります

  当院では身体障碍者(聴覚、平衡機能、咀嚼)指定ができます。(東京都15条指定医)

 

 2⃣ご相談;医師と認定補聴器技能者が行います
  診断結果をもとに、補聴器に関する相談・説明、試聴などを行います。

 3⃣補聴器の作製・調整;認定補聴器技能者が行います
  相談の結果、ご希望になられた場合には補聴器を作製・調整し、取り扱い方法などをご説明してから、お渡しいたします。

 4⃣アフターケア;医師と認定補聴器技能者が行います
  耳の診察、定期聴力検査や日常生活での使用状況に合わせ、定期的に微調整やお掃除、点検を行います。

当院での補聴器全般お任せください

補聴器店や補聴器業者に丸投げの医療機関があるように見受けます。

当院では、医師と補聴器技能者が協力しあい補聴器フィッテングを行っております。電池交換だけ、他店で購入の補聴器の相談

再調整なども行っております。

当院では時間をかけフィッテイングを行わせていただいておりますのでやや時間をいただくことになりますので、完全予約制(毎週水曜日午後)とさせていただいております。

取り扱い補聴器

リオネット(日本)

1948年に初めて日本の量産補聴器を発売したリオネットは、日本のお客さまのためにリオネット補聴器を作り続けてきました。リオネット補聴器と日本人の耳との関わりは60年以上になり、日本のお客さまのためのより良い補聴器作りにこだわっています。 リオネットは日本の国産補聴器メーカーとして、お客さまの近くでお客さまの声に耳を傾けることを大切にしています。全国にあるリオネット補聴器販売店からお客さまの情報を収集し、製品開発に反映させ、快適な聞こえをお客さまにお届けすることが使命です。
詳しくはこちら

フォナック(スイス)

スイスで生まれ、現在、90カ国以上で愛用されているデジタル補聴器のグローバルブランドです。創業以来、常に革新的なテクノロジーと補聴器、ワイヤレス通信機器に特化した専門技術を研究し、世界の聴覚専門家による強い協力関係のもと、聴覚障害者のQOL (生活の質)の向上に努めています。
詳しくはこちら

スターキー(アメリカ)

アメリカミネソタ州に本社を置き、世界に25カ所以上の製造拠点と800ヵ所以上の流通・販売拠点を有しています。 1973年、創業者ウィリアムF.オースチン(現会長)は、耳の不自由な恵まれない人々、とくに子どもたちに援助の手を差し伸べるために、「スターキーきこえの財団」を設立し、補聴器販売による収益の一部や寄付金を資金源として毎年2万台以上の補聴器を寄贈しています。
詳しくはこちら

その他の補聴器も調整できますのでご相談ください(一部できないメーカー;マキチエなどもあります。拡声器は不可)

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png
  • WEB予約