院長ブログ

2021.07.06更新

新型コロナウイル感染症における症状について従来型および変異株(イギリスタイプ)と最近、蔓延し始めたデルタ株の違いについて説明します。

従来型(およびイギリス変異株まで)の症状は、米疾病予防管理センター(CDC)によれば、発熱、乾いたせき、疲労感とされている。などの症状に嗅覚、味覚障害の症状がほかの感染症と比べてややと特異的な症状でしたが、最近、流行し始めている(日本は本来島国なので検疫さえしっかりすれば防ぐことができそうですが。。)デルタ株の症状には嗅覚・味覚障害が従来株と比較して少ない統計(キングズ・カレッジ・ロンドン)が出ております。

デルタ株が主流になっている英国では、頭痛、のどの痛み、鼻水がもっとも多く、嗅覚障害はもはやトップ10にも入っていないそうです。(キングズ・カレッジ・ロンドン)

若い人では、デルタ株では「ひどい風邪」の症状に類似しており、新型コロナ感染症と感冒と見分けがつきにくく、さらに感染力が従来型と比べ強力なため、今後さらに流行しそうな印象です。

 

〒171-0031東京都豊島区目白3-14-21 大野ビル2F もちづき耳鼻咽喉科

投稿者: もちづき耳鼻咽喉科

ご予約・ご相談はお気軽に

『目白駅』より徒歩1分のもちづき耳鼻咽喉科にお越しください。

  • tel_03-5988-7551.png